様々なモノを集める男の軌跡

運営しているサイト「館~邪道の軌跡~」の管理人「邪道」が、集めているモノをツラツラと書き綴るブログ。 サイトでは消しゴムメイン。ここではナンでもアリになっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ほねほねザウルス第7弾:プレシオサウルス 

さてさて。大好評?のほねほねザウルスです。
今回は第7弾のプレシオサウルスのご紹介。

プレシオサウルスって言えばアレですよ。
カイジュウですね。

海の獣と書いて海獣!!


いいですねぇ。日本語って素敵です。
なんせ海の獣ですからww

特徴は長い首と大きな四肢ですな。
四肢は全部水掻きと言っても過言では無い形状。
これはこれで進化の過程を踏んだ結果なんでしょうな。
ほねほねだと分かりませんが、
本物は全身がツルンとした感じだったよに記憶しております。

まぁ「本物は」とか言ってるけど、
それもどこぞの学者さんが勝手に想像した姿の受け売りでしかないわけだが。


ホントかどうかは知りませんが、
どっかの本で読んだところによると、
現代の生物学では恐竜クラスの大きさを誇る生物が、
この地球上を現在の重力下で闊歩していたことは考えにくいらしいのです。

要するに現代生物学では恐竜の存在を肯定できない。
とそういうことなんですね。

不思議です。摩訶不思議です。

その存在は間違いないんですが、
人が連綿と続けてきた学問上の知識や理論では、
存在を肯定できない。
これは一種のパラドックスですな。

恐竜が闊歩した当時は重力が小さかったとか、
そんな説まであるとか無いとか。

あ。また話がそれてます?ww



素直にほねほねにいきましょー。

で。今回は7弾よりプレシオサウルスです。


ほねほねザウルス第7弾:シオサウルス
0705-1.jpg

おなじみの素体です。
なんか平べったい。当たり前だけどw
海洋生物なんで、こんなもんでしょうな。
ちょっと記憶が曖昧ですが、首はゴム製だったはず。
なんだかブランブランして若干ストレスを感じたような。
四肢は独立稼動なんで、モリモリ動かせます。
ちなみに尻尾はほぼ固定。これもゴムだった気がします。




せっかく四肢が動くのでポージング
0705-2.jpg

首をおこして、四肢の方向を変えてみたり。
なんか蜘蛛みたいw
こんな魚しましたよね?
深海魚だったかなぁ。サンカクウオとかそんな名前だったような?
口あけてるとラブリーですね♪




最後はボーナスパーツ
0705-3.jpg

ナニ? これ? www

背中になんか刺さってますけど?w

しかもなんか顔みたいなのもついてますけど?ww

苦し紛れなボーナスパーツなのは分かりますが、これは酷いなぁ。
なんの意味もありゃしない。
もうちょっと考えてボーナスパーツ作れないもんですかね?


なんて言いながら、これこそがカバヤクオリティだと思う自分がいたり。

むしろこれはこれでアリだと思ってしまう俺はきっと病気だwww


つーことで、ほねほねでした。

次回はどれにしよーかなぁ。
スポンサーサイト
[ 2007/07/25 17:15 ] ほねほねザウルス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

邪道

Author:邪道
昔の消しゴムやら食玩やらひたすら集める男。
雑食ゆえにココで何を取り扱うかは、ジャンル分け不能。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。