様々なモノを集める男の軌跡

運営しているサイト「館~邪道の軌跡~」の管理人「邪道」が、集めているモノをツラツラと書き綴るブログ。 サイトでは消しゴムメイン。ここではナンでもアリになっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久しぶりに幽遊をひっぱりだしてみた 

一時期狂ったようにハマり、ものすごい勢いで蒐集したのがコイツら。
森永からリリースされた食玩で「幽遊白書消しゴム」

元々富樫先生の絵が大好きだったので、
この消しの存在を知ったときは大いに興奮したものです。

すでにサイトを運営していたので、そこで情報を収集して、
ヤフオクなどを検索しまくり、鬼のように買いました。
それでもあと数種っていうところからは、
サイトで出会った方々と交換してもらったりしたので、
それほどお金はかからなかったかな?

それにしても一時期のヤフオクでの幽遊消しバブルは凄まじかった。
あのバブルは実質3~4ヶ月で収束したのかな?
やはり集める人口が少ない消しについては、
バッと燃え上がって、すぐ消えるというパターンらしい。
今ではホントに特定の当時不人気キャラか、
最後期にあたる弾のモノぐらいにしか値段が付かない。

あのバブルを引き起こした張本人だという自覚はある。
やはり慢性的に不足しがちの無彩色塩ビ消しについての情報は、
どこかから発信していなければいけないと思っている。

それはこれまで、まんだらけやヤフオクが担ってきた。
しかしどちらも商売に特化されたモノであり、
コレクター発信での情報が不足していたと。

キン消し、ドラゴンボール消しなら、
なおちんさんの「キン消しバカ一代」があるし、
ガン消しなら、MADさんの「まっどあんぐらー」がある。

ならばそれ以外を全面に押し出したサイトを作ってやろうと。
それが邪道の軌跡の始まりだったわけで。

その基本コンセプトを考えると、
あの幽遊消しというのは、成功例だとも言える。
これまでまったく日の目を見なかった消しに、
少しだけ光を当てられたかと思う。

中には高騰してしまう例もあるが、
値段などは正直どうでもいい話なのだ。
ギャラリーをせっせと作り、話題を提供し、
未だに数多眠る民家の押入れの消しゴム達を、
少しでも多く発掘したいだけ。


先日もストⅡ消しを押入れから発掘したとのメールがあった。
検索しているうちに邪道の軌跡に辿り着いた言って頂いた。
こういう小さな事の積み重ねが、
「消しゴム好き」という小さな世界の中では、
とても重要なのでは無いかと思う。

消しゴム蒐集、消しゴム好きは特に奇異の目で見られガチである。
業界自体も古玩具業界から見れば、小さいのは間違いない。
吹けば飛ぶようなモノかも知れない。
それでもその火を絶やしたくは無い。

だからこそ。
せっせと。情報を集めるのである
情報を垂れ流すのである。
一介のサラリーマンにできる事は、この程度が精一杯。
あとはサイトに集まってくれるコレクターの方々にお任せしたい。


あぁ。なんか話が全然違う方にずれてしまった。。。
えーっと。せっかく画像を用意したので、晒しておきましょう。



KIF_0579.jpg

闘技場。やっぱり同じ色で揃えると壮観ですね。
柱立てて、2段にしてみました。
これは非常にいいものだ。。。


KIF_0580.jpg

こんな感じで消しを並べる事ができます。
が。非常に安定が悪いので、このまま飾るのはかなり危険。



KIF_0583.jpg

中央にプーを入れてみたり。
中央に置いたら絵になるかなぁ?って思ったけど、特に効果無し。
上2枚の画像じゃほとんど確認できないしww

幽遊消しはやっぱりクオリティ高いなぁ。
一番の問題は材質。
普通に置いておくと油出てくるわ。硬化するわ。
コレクタブルアイテムとして、これほど厳しい消しは他には無いかもですな。
スポンサーサイト
[ 2007/06/20 11:21 ] 消しゴム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

邪道

Author:邪道
昔の消しゴムやら食玩やらひたすら集める男。
雑食ゆえにココで何を取り扱うかは、ジャンル分け不能。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。