様々なモノを集める男の軌跡

運営しているサイト「館~邪道の軌跡~」の管理人「邪道」が、集めているモノをツラツラと書き綴るブログ。 サイトでは消しゴムメイン。ここではナンでもアリになっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

幽遊白書について分かった事 諦めた事 

幽遊白書について判明している事を幾つか書き残しておきたい。
まず幽遊の無彩色消しゴムは2系統存在すること。
森永の食玩とユージンのそれだ。
当サイトにて掲載しているのは森永版のみで、ユージン版は含めていない。
現状では分かっているユージン版のラインナップは以下のとおり。
幽助、桑原、飛影、蔵馬、ボタン、幻海、コエンマ、陣、凍矢、鈴駒、酎、戸愚呂兄弟
全12種と考えればキリがいい数字かもしれない。
造型は比較的ヌルいが酎、戸愚呂は通常より大きいので存在感はある。
幾つか所有しているので、折をみて紹介しようかと思う。

森永版は掲載したもので全種であるとは思うが、他にも判明している事がある。
まずどの弾にも箱が2種あること。
暗黒武術会2以外は全て2種確認済み。内容物は全て同じで、差は箱が違うというだけ。
また箱裏及び、上部開け口の羽部分にナンバリングがある。
当サイトの画像でも箱裏のナンバリングは確認できる。
ナンバリングは数字だったりローマ字だったりするが、これは中に何が入っているかを示している。
たとえば暗黒武術会2の箱裏画像には「B」と記載されている。
この弾での「B」は飛影をさしており、箱が「B」であれば中身は全て飛影になる。
どの番号が何のキャラを示しているかさえわかれば、中身がわかるということ。
中に入っている塩ビにも同様の番号が振られている。
冥界死闘篇の画像で若干確認できるかと思う。体のどこかに丸いランナーがついており、そこに番号がある。
ちなみに幽助、飛影、蔵馬はどの弾でもこの順番で必ず「1~3」もしくは「A~C」の番号が与えられている。
桑原も「4」または「D」を与えられているが、魔界統一篇で欠席しているので「どの弾でも」とは言いきれない。

これらナンバリングが全て分かっていれば、デッドストックが発掘された場合でも、自分の欲しいキャラだけをチョイスする事が可能になる。
しかし「5」もしくは「E」以降はどのキャラか詳しく分かっていない。
未切りの状態で入手しないと番号が確認できないためだ。
全てを確認するのはかなり厳しいように思われる。邪道はすでに確認を諦めている。
そういった意味ではこの情報が役に立つ可能性はかなり低いような気もするが、知らないよりは知っていた方がいいだろう。
スポンサーサイト
[ 2005/12/09 12:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

邪道

Author:邪道
昔の消しゴムやら食玩やらひたすら集める男。
雑食ゆえにココで何を取り扱うかは、ジャンル分け不能。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。