様々なモノを集める男の軌跡

運営しているサイト「館~邪道の軌跡~」の管理人「邪道」が、集めているモノをツラツラと書き綴るブログ。 サイトでは消しゴムメイン。ここではナンでもアリになっています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ブログへと移行 

これまでは自身のサイトにて不定期日記を書いていたが、管理が面倒になったため、とりあえずブログに変更してみた。
過去の日記も移してはみたが、そのまま移行したため内容がサイト内での事象とリンクしている。
これも面倒なのでとりあえずそのままで

基本的にはこれまでの不定期日記というスタンスは変わらないと思われる。
スポンサーサイト
[ 2005/12/14 13:13 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)

徐々に交換用のページなどを 

じわじわと交換用のページを作っている。
現状では個々のコンテンツに対しての交換ページになっているが、これは自らの管理用を兼ねての暫定的なモノ。
自分の希望品、提供品が十分に把握できた段階で、全体的な交換用のページを作ろうと思っている。
とりあえず幽遊白書とガシャポン台紙に関しては、希望・提供がまとめやすかったので、先んじて作成した。
もし提供可能が方がいらっしゃれば、是非お声をかけて頂きたい。

掲示板に幽遊白書に関する情報を寄せて頂いた。
煙鬼の存在が確認され、これでラインナップが確定した。
別パーツに関しても、色々な情報をいただけたので、今後幽遊ページに反映していきたい。
ありがとうございました。

サイトのリンク集にマジヌリ☆ケシゴムさんを追加させて頂いた。
先日掲示板にて紹介して頂き、管理人様に連絡をとったところ、リンクを快諾頂いた。
当サイトの幽遊白書のデータに関してはマジヌリさんを参考にしている。
マジヌリさんのページは良い意味で複雑になっており、時間をかけてじっくりと見ると面白い。
自身まだ全てを確認できていないので、今後少しずつ探索を進めていきたい。
技術のある人はいいなぁ。と努力もしていないのに人を羨ましがるのは如何なものかと思うぞ。邪道よ。
[ 2005/12/13 12:55 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

幽遊白書について分かった事 諦めた事 

幽遊白書について判明している事を幾つか書き残しておきたい。
まず幽遊の無彩色消しゴムは2系統存在すること。
森永の食玩とユージンのそれだ。
当サイトにて掲載しているのは森永版のみで、ユージン版は含めていない。
現状では分かっているユージン版のラインナップは以下のとおり。
幽助、桑原、飛影、蔵馬、ボタン、幻海、コエンマ、陣、凍矢、鈴駒、酎、戸愚呂兄弟
全12種と考えればキリがいい数字かもしれない。
造型は比較的ヌルいが酎、戸愚呂は通常より大きいので存在感はある。
幾つか所有しているので、折をみて紹介しようかと思う。

森永版は掲載したもので全種であるとは思うが、他にも判明している事がある。
まずどの弾にも箱が2種あること。
暗黒武術会2以外は全て2種確認済み。内容物は全て同じで、差は箱が違うというだけ。
また箱裏及び、上部開け口の羽部分にナンバリングがある。
当サイトの画像でも箱裏のナンバリングは確認できる。
ナンバリングは数字だったりローマ字だったりするが、これは中に何が入っているかを示している。
たとえば暗黒武術会2の箱裏画像には「B」と記載されている。
この弾での「B」は飛影をさしており、箱が「B」であれば中身は全て飛影になる。
どの番号が何のキャラを示しているかさえわかれば、中身がわかるということ。
中に入っている塩ビにも同様の番号が振られている。
冥界死闘篇の画像で若干確認できるかと思う。体のどこかに丸いランナーがついており、そこに番号がある。
ちなみに幽助、飛影、蔵馬はどの弾でもこの順番で必ず「1~3」もしくは「A~C」の番号が与えられている。
桑原も「4」または「D」を与えられているが、魔界統一篇で欠席しているので「どの弾でも」とは言いきれない。

これらナンバリングが全て分かっていれば、デッドストックが発掘された場合でも、自分の欲しいキャラだけをチョイスする事が可能になる。
しかし「5」もしくは「E」以降はどのキャラか詳しく分かっていない。
未切りの状態で入手しないと番号が確認できないためだ。
全てを確認するのはかなり厳しいように思われる。邪道はすでに確認を諦めている。
そういった意味ではこの情報が役に立つ可能性はかなり低いような気もするが、知らないよりは知っていた方がいいだろう。
[ 2005/12/09 12:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

純文学 

最近は好きな作家ばかり読んでいたので、新潮文庫からかなりの数の文庫版が出たのをきっかけに目先を変えている。
以前から気になっていた「博士の愛した数式」を読む。
過去に同作家の「完璧な病室」を読んだ記憶があるが、内容はそれほど覚えていない。印象に残っていないというのが正しい表現か。
しかし今回の「博士~」は違うと思う。
おそらくこれから折に触れ思い出す事もあれば、数年後に内容が思い出せないという事も無いだろう。
単純に言えば、障害のある数学者と家政婦とその息子の話。
「私」と「博士」の微妙な距離感、そこにトッピングされるのは様々な感情。
明示されなくても読み手が理解を得られる展開は美しいの一言。美しく、切ない話。
「世の中とはかくも美しい事象に彩られている」
そんな事を気づかせ、思わせるのは作家の技量に他ならないと思う。

来年春には映画公開されるらしい。
この原作を映像化するのは容易いと思うが、内容はどうか。
正直なところ期待半分、不安半分。
せっかく原作を読んだので、映画もみてみようと思う。

で、だ。
幽遊ページの改装を始めた。
あと1週間以内には完成するだろう。
こうして弾ごとにまとめると、弾によって所有・未所有がかなり偏っている。
改装を終えた時点で少なくとも幽遊専用のトレードページだけはUPしようと思っているので、それで少しでも偏りが解消されればいいかな。
望みは薄いがやらないよりかはやった方がいいと思うし。
[ 2005/12/07 12:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

幽遊の工事に着手 

とりあえず幽遊の手持ちが30種近くになったので、暫定的にページの改修を始めようと思う。
ラインナップもある程度判明したと思うし、外箱もだいぶ集まってきた。
ページの体裁から練り直す必要性もある。
撮影、スキャニングの作業も残っている。
という訳で着手はしたモノの公開まではちょっと時間がかかるかな。
次回幽遊の更新時にはトレードリストも作ってみようと思う。
一人で集めるには限界を感じているので、一つでも多く集まるといいなぁー

他にもスパイラルゾーンとかUPしきれていないヤツを放置したままなので、その辺もどうにかしないといけない。
しかし惰性運行を基本としている邪道には、それだけの推進力はまだ得られていないのもまた事実。
[ 2005/11/29 12:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

邪道

Author:邪道
昔の消しゴムやら食玩やらひたすら集める男。
雑食ゆえにココで何を取り扱うかは、ジャンル分け不能。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。